【40代女性の方必見!】すぐにイライラしてしまうその原因は更年期の症状かもしれない

「40歳を過ぎてなぜか最近イライラする事が多くなった。前はそんな事なかったのに。」
こんな悩みはありませんか?もしかすると、女性特有のイライラ期かもしれません。女性特有のイライラ期とは、「更年期」の事です。女性は45歳あたりから「更年期」と呼ばれる期間に入ります。あなたのイライラはこの「更年期の症状」かもしれません。もし日常生活にも支障が出るようなら、それは「更年期障害」と呼ばれ、病院で治療している方もいます。
「まさか自分が更年期だと思っていなかった」「もうそんな歳になってしまったのか」とショックを受けたという声も耳にしますが、誰にでも訪れる通過点なんですよ。落ち込まないで大丈夫です。そこで今日は、なぜ更年期の症状が出るのか、あなたのその「イライラ」の原因を一緒に見てみましょう。原因や対策がわかることでイライラが解消され、リラックスして日常を送れるようになりますよ。

<更年期はいつから?>
「更年期」は、「閉経
前後の10年間の事をいいます。50歳前後で閉経する人が多いので、一般的には45~55歳が「更年期」にあたります。しかし、人によっては40代で閉経することもありますので、40~60歳の間と覚えておくといいですね。

<更年期の症状にはどんなものがあるか?>
・イライラ
・怒りっぽい
・ホットフラッシュ(ほてり・のぼせ・発汗)
・頭痛・めまい
・気分の落ち込み

などがあります。
一番多いのは「イライラする」というものです。みなさんも、以前は気にしなかったことやちょっとしたことでイライラするようになっていませんか?理由もなくイライラする事もあるそうですよ。では、このイライラがなぜ起こるのか見てみましょう。

<更年期になるとなぜイライラするのか?>
40歳を過ぎると、女性ホルモンが減少します。その女性ホルモンの中でも「エストロゲン」は「セロトニン」に関係するホルモンです。「セロトニン」は「ストレスホルモン(ノルアドレナリン)」をコントロールする役割を持っています。そのセロトニンが不足することで感情をコントロールできなくなります。
カタカナばかりで少しわかりにくいので簡単にまとめると、
感情をコントロールすることに関係している「エストロゲン」という女性ホルモンは、40歳を過ぎると減少します。(セロトニンとノルアドレナリンを省くと、こういうことですね)
そのため感情がコントロールできずにライラするのです。
このように、更年期の女性がイライラするのにはきちんと理由があったんですね。
では、理由がわかったところで、次はこのイライラとどう向き合っていくのがいいか考えてみましょう。

<更年期のイライラを解消する方法>
1. イライラしてもいいと思ってみる
イライラすると、家族に当たったりする自分を責めてしまいがちです。しかし、「ホルモンの関係だから仕方がない」と考えることで、イライラした自分を責めなくていいんですよ。

2. ストレスを発散させるものを見つける
ウォーキングやスポーツ、手芸や音楽などの趣味があるといいですね。ストレス発散は、イライラ発散になります。

3. 十分な睡眠を取る
睡眠は身体的な疲れを取るだけでなく、精神的な疲れも取ってくれます。体だけでなく心にも休息をあげて下さいね。

4. 半身浴をする
普段からシャワーだけの方は、ぜひ半身浴を取り入れてみて下さい。血行が良くなるのはもちろんですが、リラックス効果もあります。

5. 身近な人に打ち明ける
職場や家庭では何かしらストレスがかかりやすく、些細な事でもイライラしたり、理由もなくイライラする事もあります。周りに理解をしてくれる人がいるだけで気持ちが落ち着くこともあります。特に家族にすぐに当たってしまうという方は、伝えておくといいかもしれません。

6. ホルモン療法や漢方薬の力を借りる
更年期の症状は日常生活に支障が出る場合、「更年期障害」といい、病院で治療を受けることができます。一人で悩まずに、病院で相談してみてもいいかもしれないですね。

<まとめ>
いかがだったでしょうか?あなたのそのイライラには、きちんと理由があったんですね。イライラするあなたが悪いわけではなく、イライラさせる周りが悪いわけでもなく、「更年期のホルモン」が原因でした。
今イライラで悩んでいる方はぜひこの方法を取り入れてみて下さいね。まだ更年期の症状がない方も、予測されることを知っておくだけで安心できたのではないでしょうか。